バイナリーオプションの可能性

バイナリーオプションのリスク回避の可能性

バイナリーオプションではFXとことなる形態で取引が行われるため、リスク回避の方法もかなり違っている。

FXではリスクと言うと、ロスカットのことを指す場合が多い。

ロスカットとは、レバレッジなどを利用している場合に、相場変動によって、FX口座の資産が一定以下になった場合に、強制的に持っている外貨を円に変えて取引を終了させるというものだ。

これは、FXにおいて、負債となる場合があり、それを未然に防ぐための、言わば安全装置の役目となっている。

10000円を投資して、損失により、投資金額が5000円の価値よりも下がった場合に、ロスカットが強行され、5000円を残して取引ができない状態になる。

ほとんどの証券会社が、資産が50%を割り込んだ段階でロスカットされる仕組みになっているようだ。

FXにおける、現在のリスクはこれが最も投資家を悩ませているシステムだ。

しかしロスカットがなければ、資産がマイナスになり、証券会社が肩代わりする金額を納めなければならなくなるため、これは必要なシステムなのだ。

バイナリーオプションでのリスクはどうだろうか?

基本的に投資金で予想を購入した後、その予想がマイナスの額になるようなことはない。

つまり、失ったとしても、投資した金額分だけなのだ。

バイナリーオプションとFXのリスク徹底比較

売却を意識してリスクを回避

FXとバイナリーオプションで10000円を投資した場合の比較をしてみよう。

FXで10000円を使いレバレッジ10倍で10万円分のドルを買う。このときのレートは1ドル100円としよう。

1000ドル分を購入することになる。これが予想と異なって1ドル90円に値下がりしたとする。

※通常このような大規模な相場変動は無い。

その場合、10万円で買った1000ドルは価値が9万円に落ちてしまう。

10000円の損失だ。つまり、元手の10000円が0円になったことになる。

※通常、この10000円が50%を切った場合に、ロスカットが強行される。

更に1ドル85円になった場合。

この場合、損失額は15000円となり、5000円の負債が発生してしまうことになる。

もしレバレッジ20倍で行っていた場合は…FXが怖いのはこの大きな損失が出やすいことが原因なのだ。

ではバイナリーオプションはどうだろうか?

バイナリーオプションで10000円の投資を行ったとする。

もし予想が外れて報酬を得られない場合、最大でも10000円の投資額がなくなるだけで済むのだ。

システム的に投資額以上の損失が出ないという仕組みが、バイナリーオプションの優れた安全装置と言える。

しかし、バイナリーオプションの優れたリスク回避はもう一つある。

予想を売り払うことで利益確定または損失を防ぐ

バイナリーオプションの優れたリスク回避に、購入した予想を売るという方法がある。

バイナリーオプションでは予想したラインに届かない場合も多々ある。

特にもったいないと言えるのは、上昇途中であと数分で予想が達成される前に開催期間が終了してしまう状況だ。

ギャンブルであれば、予想に達しない時点で負けが確定するのだが、バイナリーオプションでは、予想を売るということができる。

買ったときに表示されている値段と同時に、売る値段が表示されており、その値段も毎秒ごとに変化している。

もし、100円で買った予想が、ラインギリギリまで相場が来ていた場合、開催期間終了まで待って報酬を得るか、その前に売ってしまうかは選択できるのだ。

100円で購入した予想であれば、ラインギリギリにまで相場が来ていれば、ほぼ確実に500円以上の値で売ることができるだろう。

つまり、賭けに出ること無く利益を確定できる状況もあるのだ。

これがバイナリーオプションの優れたリスク回避として上げられる重要なポイントの一つだ。